ブログ「歯科医院経営 成功のヒント」

2016/01/29
年間テーマをどのように浸透させるか?

歯科医院経営コンサルティングを実施しています、
歯科経営コンサルタント 根本和馬です。

チームワーク.jpg

私のクライアントでは「今年のテーマ」を掲げられている
歯科医院が多くあります。

医院理念やクレドは、基本的には変わらないものです。

ですが、時代は変化する訳ですから、歯科医院も変化
していく必要があります。

そこで一年毎に「今年うちの歯科医院は、○○に力を入れるぞ!」
と、年間テーマを掲げるのは、とても有効です。

ただし、この年間テーマという取り組みが機能するかどうかは、
その内容が実践出来ているかがポイントです。

まず大切なのは、院長先生やチーフスタッフが


「今年のテーマは○○ですよ!」


と、折に触れてスタッフに伝える事です。

仕事だけでなくプライベートも含めたら、15時間以上は
様々な情報に触れ、その度に感情も変化します。


つまり私達の心は、常に忙しいのです。


そのような中で、誰にも言われずに「今年のうちの歯科医院の
テーマは○○だな」などと、意識しているスタッフが一体どれだけ
いるかというと、非常に微妙であると言わざるを得ません。

「まぁ、たぶん忘れているだろう。だから何度も言わなくちゃ」
という感じで、何度も何度も繰返し伝える事が大切です。


次にスタッフがテーマに沿った行動が出来ている場面があったら、
「それいいね!まさに○○に沿った行動だよね!」と褒める事が大切です。

そうする事で「こういう事をすれば評価されるんだ」と、プラスの
感情が増え、その後も、その行動は継続されます。


その他、定期的なミーティングで「今年の年間テーマを形にするために、
あなたが取り組んだ事は?」というテーマで、スタッフひとりひとりに
スピーチしてもらうのも良いと思います。

※ただし、いきなり「じゃあ話して!」と、突然言われても、
しどろもどろになりますので、事前のアナウンスが必要です。


以上の事を積み重ねていけば、年末にはかなり年間テーマが
形になっていると思いますので、ぜひやってみて下さい!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

月別アーカイブ

PageTOP