ブログ「歯科医院経営 成功のヒント」

2015/04/08
その歯科医院は、本当に人員が足りないのか?

歯科医院経営コンサルティングを実施しています、
歯科経営コンサルタント 根本和馬です。

医経統合コンサルティングでは、スタッフ様とも
おひとりおひとり面談させて頂きます。

特にこれはコンサルティングが始まって間もない歯科医院での
面談で、


「うちはやることがたくさんあるのに、これだけの
スタッフしかいないのは少ないです。人を増やした方が
良いと思います!」


という話が、たまに出ます。


医経統合コンサルティングは「スタッフを医院経営に巻き込む
コンサルティング」をモットーにやらせて頂いているのですが、
その上で大切なのは「それぞれの立場に置かれた状況を、相互に
理解し合う」という事です。

そう考えた時に「人を増やして下さい」と言われた院長の気持ちは
どうかと考えてみる必要があります。

確かにスタッフの立場で考えたら、スタッフ数は足りないのかも
知れません。しかし院長はまた別の事を考えている可能性が高いです。

むしろ、スタッフから「人を増やして欲しいです」と言われた時、
院長は「そうだね。そうしようか」とはならず、言い方の強い・弱いは
個人差があるにせよ、


「人が少ないだって!?スタッフを一人増やすと、人件費が
いくらかかるのか分かっているのか!?

給与の額面だけ払えば良いんじゃなくて、保険に入ったり、
一人分のロッカーや制服を準備したり、色々出費があるもんなんだ。

それに俺から見れば、診療中に起こってるミスや失敗を減らしたら、
問題なく診療が進んでいくように見えるぞ。

そういうミスや失敗を極力減らす努力をして、実際に減っても、
それでも人が足りない時に、初めて"人を増やして欲しい"と
言ってくれ!」


と思われている事の方が多いです。


医経統合が実現するためには、院長(スタッフ)が一方的に変化したら
良いという話ではなく、双方に変化が求められます。

今回はスタッフの方向けにブログを書きましたが、ぜひこの
内容を読んで「確かにそうだな。"忙しい""もっとスタッフを
増やして欲しい"と思う前に、まず自分が出来るベストを尽くそう!」と
考えてくれたら嬉しいです。

-----------------------------------------------------------------------

【残席8席!お急ぎ下さい!】


「ミスや失敗を繰り返さないためには"同じミスや失敗を繰り返さないために
どうしたら良いか"を常に考えることです」など、院長先生がスタッフ様に
「これを伝えたい!」と思われる内容を、お忙しい院長先生に代わって
私が4時間に渡ってお伝えするセミナーです。

満員御礼後はキャンセル待ちになりますので、
お早めにお申込み下さい。



『クリニック新人スタッフ研修』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

月別アーカイブ

PageTOP