ブログ「歯科医院経営 成功のヒント」

2015/02/18
仕組みがあれば、結果は出るのか?

歯科医院経営コンサルティングを実施しています、
歯科経営コンサルタント 根本和馬です。

歯科医院は女性職場です、多くのスタッフが
退職、休職していきます。

そのために人材が入れ替わっても、一定の治療レベルや
接遇応対レベルを維持出来るように、あらゆるものを
「仕組み化」する事が大切です。

しかし仕組みと言うのは「はい、どうぞ」と、仕組みだけを
提供しても、上手くいきません。仕組みを動かすのも、また、
人だからです。

おかげさまで、歯科・医科に問わず、多くのクリニックから
コンサルティングのご希望を頂きます。

現在は既存のクライアント様で、スケジュールが目一杯ですので、
短くても数ヶ月はお待ち頂いています。

しかし、私は元医療従事者ですので、医療従事者の方が
強く抱く「何とか目の前で困っている人の助けになりたい」
という感情は、医療業界から転職し、数年後に起業した今でも、
私の中に根強く残ります。

なので、コンサルティングが終わった後、滞在先のホテルや、
休日に会社に出勤した際に、お電話でお話を伺う事もあります。

そこで意外に多いのが「実は、他社でコンサルティングを受けていて、
それが、仕組みを導入するのがメインのコンサルだったのですが、
スタッフから猛反発があって、全く上手くいきませんでした」という
ご相談です。

1.仕組みの質がイマイチである

2.スタッフに仕組みの重要性が伝わっていない

3.仕組みを動かすスタッフの能力不足

4.院長とスタッフの間に信頼関係が構築されていない

このように仕組みが機能しないのには、様々な理由があります。
そして上記で言えば「1」以外は、そこに"人"が関わってきます。

私はこれまでのコンサルティングの経験で痛感しました。

「人は、良いノウハウがあれば、動く訳ではないのだ」

という事を。

だからこそ、人材教育は、非常に大切なのです。
そこからスタートします。

院長先生が、あるシステムを導入したいと思いながら、期待していた
効果が得られていない時、それはもしかしたら、人材教育が不足
しているのかも知れません。

-----------------------------------------------------------------------

残りのお席が半分になりました!

医経統合実践会がスタッフ様の人材教育をサポートさせて頂きます。
「スタッフに何を伝えたら良いのか分からない」「自分は診療だけでも
忙しいので、伝える時間が無い」という先生は、ぜひお申込下さい。



『クリニック新人スタッフ研修』の詳細・お申込みこちらです!


この内容がクリニック経営の学びや気付きになられましたら、
ぜひ「いいね!」や内容のシェアをよろしくお願い致します!

月別アーカイブ

PageTOP