成功事例集

2015/02/22
任せると、人は成長する

ある歯科クライアントの院長先生と「○○先生のご様子は最近如何ですか?」と、とある勤務医の先生について話をしていた際、院長先生が「とても良くなっているけど、まだ"自分がやらなきゃ"という気持ちが非常に強いです」とお答えになりました。

これは治療に限らずそうなのですが、何でも「自分がやった方が上手くいく」「自分がやった方が早い」「自分がやった方が患者さんが喜んでくれる筈だ」と、他人に任せられない人がいます。冒頭は勤務医の先生の例ですが、もちろん院長という立場であっても例外ではありません。

院長となると、診療以外の取り組みにも関与する訳ですが、そういう事も、事細かに指摘し過ぎると、次第にスタッフは「いちいち色々と言われるのも面倒だから、自分でやって欲しい」という感情を強めます。そうなると、いつまで経っても、院長があれこれ指示を出さないと動かない歯科医院から脱却する事は出来ません。

方向性や、その取り組みを実施するために必要な予算など、院長でないと決定出来ない事を明確にしたら、どんどん任せてしまった方が、結果的に院長の負担も減りますし、スタッフもやりがいを持つようになります。「任せる」というのは、どちらの立場で考えても有効な方法なのです。

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP