成功事例集

2014/06/13
お金や休みを曖昧にしない その2

以前このホームページ上で「スタッフにとってお金や休みは大切な要素なので、それを曖昧にしてはいけません」と書きましたが、それに加えて

・ボーナスの支給日はいつか?

・お盆休み(冬休み)はいつから、いつまでか?

を「なるべく早く」「明確に」伝える事が大切です。

院長先生にも「今月の売上がいくらだから、いつ頃にチェアを買い替えられるな」とか「医院の貯金がこれだけ貯まったら、この機械を買おう」という、歯科医院経営をされていく上での予定があるのと同じように、スタッフもファッション雑誌を読んで「この服欲しいな、今度のボーナスで買えるかな」とか「車を買うにあたって、親に借りているお金を今度のボーナスでいくら返そう」などの予定があるのです。

同様に「友達と旅行に行きたい」とか「久しぶりに実家に帰りたい」という願望を持ったスタッフもいます。その上で、休みがいつからいつまでかを、出来るだけ早くに伝えるのは、とても大切ではないでしょうか。

そのような些細な積み重ねで「院長先生は私の事を大切に考えてくれている。私ももっと医院に貢献出来るように頑張らなくちゃ」という、気持ちが強くなると思います。

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP