成功事例集

2014/04/04
ちょっとした患者満足度アップ手法

増患に欠かせないのが、患者満足度を上げる事ですが、"患者満足度を上げる"と聞くと「とても高いレベルの事をしなくてはならないのでは?」と心配になるかも知れませんが、実はそんな事はありません。

簡単に出来る患者満足度手法として今回お伝えするのが「患者さんの名前をお呼びする」という取組みです。

医療機関は他業界と比較して恵まれた点がいくつかあります。そのひとつが「患者さんの方から、自身の情報を公開してくれる」という事です。

これは飲食業界やデパートなどでは考えらない事で、その方の名前や住所、電話番号などの個人情報を集めるために、ポイントカードやクーポンなどを発行しているのです。

その点、医療機関は受診前に保険証が提示され、その方の情報が簡単に習得出来るのです。ましてや予約制を導入している歯科医院なら何時に誰がどんな処置で来院するのかという事が分かるのです。これを利用しない手はありません。

具体的には「〇〇さん、こんにちは!」「〇〇さん、イス倒しますね」「〇〇さん、今回治療したところなのですが・・・」というように、患者さんとコミュニケーションを取る際に、患者さんのお名前をお呼びするのです。

もちろん医療機関ですから、あまりに大きな声で、何度も呼ぶ必要はありませんが、患者さんがご来院されてから、診察を受け、お会計を済ませて帰られるまでの間に、3~5回位はお呼びすると良いのではないでしょうか。

写真 2014-04-04 11 19 41.jpg

これは眼科の例ですが、私のクライアントでは、この写真のように医院全体の目標として、患者さんのお名前をお呼びする事を心掛けているクリニックもあります。

ぜひやってみて下さい!

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP