成功事例集

2014/03/02
個人面談を実施しよう

多くの歯科医院では院長とスタッフの個人面談は「2回」実施されています。

1回目は入社する際、そして2回目はそのスタッフが退職する際にです。

基本的に、前日まで「今日も仕事頑張ろう」と思っていたスタッフが、翌日は「先生、ちょっと良いですか・・・」と辞意を伝えるという事はなく、徐々に少しずつ院長や医院に対しての疑問が不安が積み重なり、最終的に「辞める」という結論に至るのです。これは逆に言えば、疑問や不安が積み重なるのを防げるとしたら、辞めるという事態も防ぎやすくなるという事です。

そのためにオススメの取組みが定期的にスタッフと個人面談を実施することです。

「定期的に」とは、もしこちらを読まれている院長先生が「俺はスタッフと信頼関係が築けてないなぁ。スタッフも俺に対して心を開いていない感じがするからなぁ」と思われているのであれば、1ヵ月に1回実施して下さい。スタッフとの関係がそれ程悪くなかったとしても、少なくとも3ヶ月に1回は実施される事をオススメします。

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP