成功事例集

2014/03/06
歯科衛生士担当制にする

定期検診を担当する歯科衛生士を毎回固定にする事も、リコール率がアップする上で不可欠です。

「ザイアンスの法則」という「人は多くの回数や長い期間触れている人や物に、安心感や愛着心をおぼえる」という考え方がありますが、この通り、何度も同じ歯科衛生士が定期検診を担当する事で、その患者さんとの信頼関係が築き上げ「この歯科衛生士さんなら、これからも定期検診に通いたい」と、患者さんも思うようになります。

それは歯科衛生士にとってもモチベーションが上がる事ですし、毎回自分が担当する事で「この患者さんの歯周病の進行具合はどうか?」「カリエスになりそうな歯は無いか?もし見落としたら自分の責任だぞ」という、当事者意識や責任感が強化されるという事も期待出来ます。

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP