成功事例集

2014/02/14
患者さんに説明していますか?

自費率が低い歯科医院の特徴として「患者さんにどのような治療を希望しているのか、しっかりニーズを把握していない」という事が挙げられます。「バタバタして忙しかったし、"この患者さんなら銀歯を希望するかな"と思って」と、保険診療を進めてしまうのです。

そうでなく、治療が始まる前に「どんな治療を希望しているのか?」「詰め物(かぶせ物)は白いものが良いのか?銀歯が良いのか?」「当院はこのような治療メニューを持っております」という質問や説明をする事が大切です。

理想的にはTC(トリートメント・コーディネーター)がじっくり患者さんのお話をお聴きするのが望ましいですが、TCがいなかったり、カウンセリングシステムをいきなり導入するのは大変だという歯科医院は、まずは問診の段階で上記質問を患者さんにする事から始められては如何でしょうか。

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP